質屋へ行く

お金がすぐに必要になったとき、皆さんはどうしますか。 キャッシングなど様々な方法があると思いますが、まずは質屋へ行くということを考えてみましょう。 質屋へ行くというと、不要になった品物を売るということで、最近は利用している方も多いことでしょう。 しかし、それは最近の買い取り専門店と同じになってしまいます。 質屋が他の買い取り専門店と異なるのは、品物を担保にしてお金を貸すということなのです。 基本的な利用の仕方というのは、通常の質屋と一緒です。 まず商品を持ち込み、その金額を査定してもらいます。 その金額に見合ったお金を貸してもらえます。 あくまでも、品物に見合ったお金しか貸してくれませんので、そこは注意してください。 仮に、それ以上のお金を借りたい場合には、品物を追加する必要があります。 そうして質屋からお金を借りたら、後は期日内に返済をすればいいのです。 この期日ですが、1週間だったり10日だったり、1ヶ月だったりと、様々です。 また、借りたお金だけ返済すればいいというものでもありません。 借りている日数に応じて利息がかかりますので、その利息も上乗せして返済しないといけません。 質屋という方法でしたら、高級な品物を持っていてお金が借りたいという場合、それを担保にしてお金を借りることができます。 お金を返せば品物は戻ってきますが、返済できないと、担保として質屋に取られてしまいます。 最近では、夜の商売の方などが、この質屋を利用するケースが多くなっていますね。